来る

出演者は、犠牲になる妻夫木聡と黒木華以外は、一見しただけではわからないほどのメイクと役作りである。怖いというより、びっくりする!特にクライマックスの大掛かりな除霊シーンは、日本的でなおかつ怪しい美しさ満開で一見の価値がある!伝統的なホラーとしても、人の暗部をあぶり出す人間ドラマとしても、不十分なドラマではあるが、「あれ」との壮絶な対決は、まさに新種の怪獣映画というジャンルなのではないだろうか?

続きを読む
*/ Hack for Facebook Dispaly