ファイティング・ダディ 怒りの除雪車

コーエン兄弟と『荒野の用心棒』が雪山で合体した現代版トナカイ・ウエスタン……いや、除雪車ウエスタン。

KRAFTIDIOTEN
2014年 ノルウェー・スウェーデン・デンマーク カラー・スコープ 112分
WOWOWで放映(DVDあり) 現在、Amazon PrimeとGYAOで視聴可能。
監督:ハンス・ペテル・モランド
出演:ステラン・スカルスガルド、ブルーノ・ガンツ、ポール・スヴェーレ・ハーゲン

 題名を聞いただけでリーアム・ニーソン主演の娯楽アクション映画だと思い込み、「除雪車」が悪人をどんどんなぎ倒して雪山を血しぶきで赤く染めるにちがいない……と思い込んだあなたはビデオ会社の思うツボ。その実態は、ヨーロッパの寒い国三か国が共同製作したシュールでオフビートなギャング・アクションにして、マカロニ・ウエスタンのようでもあり、とぼけているようで細かいギャグやセリフがいろんなところをぶすぶすと刺しまくる脚本はコーエン兄弟の映画を思わせる。まあ、リーアム・ニーソン主演でテレビシリーズの『ファーゴ』を作ったみたいな味わいだ。

 ノルウェーの山の中。市民栄誉賞を受けた模範市民である除雪車運転手ニルス(ステラン・スカルスガルド)は、麻薬組織に殺された息子の仇をうつために単身復讐行動を開始する。組織のボス「伯爵」は、キザで短気でケチで人種差別主義なうえにバカなので、部下を殺したのはセルビア人マフィアだと思い込み、セルビア人ボス(ブルーノ・ガンツ)の息子を殺してしまう。ニルスは「伯爵」の息子を誘拐し「伯爵」を呼び寄せるが捕まってしまう。そこへセルビア人たちが急襲してきた……。

 LAPD(ロサンゼルス警察)で研修を受けてきたらしいのにまるでやる気のない警官たちに業を煮やして自ら復讐を始めるニルスは、麻薬組織員を捕まえると、殴って情報を聞きだすとさっさと殺し巨大な滝に投げ捨て、徐々に「伯爵」に近づいていく。実は、元組織の一員だった兄から「チャイナマン」なる殺し屋を紹介されるが、これがとんでもない食わせもので、密告されて兄も殺されてしまう。やっぱり自分でやるしかないかと、「伯爵」の息子を誘拐すると、「愛情」に飢えていたらしい子供になつかれ、何でもいいからご本を読んでと頼まれ、家にある唯一の活字本らしい除雪車のカタログを読んでやる。

 セルビア人もアルバニア人も似たようなイスラム教徒(違うって)だと思っている「伯爵」の部下にはゲイカップルもいるしみな賢こそうで、「南の国は日差しが福祉だ。温暖な福祉国家はない」とか「この国の刑務所は居心地がよすぎる」とか「カンフー太巻き」(なんのこと?)とか、いろいろためになることを教えてくれる。セルビア人は散歩させている犬の糞を拾うノルウェーの住人を見て驚いている。主人公ニルスはスウェーデンからノルウェーに移住してきたらしいし、離婚調停でもめている「伯爵」の妻はデンマーク人、ニルスの兄の妻は変な中国人だし、「中国人」と呼ばれる殺し屋が日系デンマーク人だったり、北欧の人種混合事情をいろいろおちょくっているようだ。
 ギャングたちが殺されるたびに、黒バックにシンプルに墓碑銘のように名前がクレジットされる。それぞれには宗教に合わせて「十字架」マークがついているのだが、プロテスタントのノルウェー人とセルビア正教会の「十字」はデザインが違うし、ゲイのユダヤ人はダビデの星(六芒星)マーク、そして、最後(から2番目だけど)に地獄へ行く悪役には、なんだかよくわからないマーク(俺様マーク? 誰か教えて)が出る。

 結局のところ、除雪車がスピルバーグの『激突!』みたく不気味に敵の車に迫るシーンで観客を期待させたりするものの、2000馬力の超強力除雪車が悪人を豪快に蹴散らすような場面は出てこない。クライマックスで丸太を持ち上げてドカンと一発決めるすごい重機は、どうやら日本製らしい(KOMAT’SUのロゴが見える!)。それにしても、極寒の中で生きている人間は湯気のように口から白い息を吐きだすのだなあと感慨すると同時に、死んだと思っても、少しでも口から湯気が出ていたら気をつけろ、ってことかと演出の細かさに感心した。

 エンディングには、マカロニ・ウエスタン風の渋いギターが流れてくる。そういえば、流れ者が2つのギャング組織を争わせて潰してしまうのは『荒野の用心棒』そっくりだ(もちろん元ネタは黒澤明とダシール・ハメットだが)。死刑制度もなく、悪人も刑務所で快適に暮らせる福祉国家では、よそ者(だからニルスも移住者)の力で悪を排除するしかないということか。
 ノルウェー語の原題はさっぱりわからないが、英訳は「POWER FOOL」。「パワー(に頼る)馬鹿」みたいな意味なのだろうか。

 監督のハンス・ペテル・モランド、なかなかやるな、と思ったら、すでに本作のリメイクをリーアム・ニースン(!)で作っていたのには驚いた(2019年公開予定)。ハリウッドではなくイギリス映画らしいので、期待できそうだ。

by 無用ノ介

KRAFTIDIOTEN 英語版タイトル<In Order of Disappearance>トレイラー

リメイク版<Cold Pursuit>トレイラー

*/ Hack for Facebook Dispaly